So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

つくばマラソン2017 [ -古河マラソン2018でサブ3]

2017年11月26日


かなり冷えた外気は3-5℃くらいの朝。


それでも日中は15℃くらいまで上がるそうで、走っている間の気温上昇の方が心配。


地元で7回目もの出場となると、家を出る時刻も年々遅くなってきて、会場で荷物をあずけ、着替えが済んだのはスタート15分前。


最低限のアップとストレッチ、トイレとジョグを済ませ、今年もBブロックのスタートゾーンへ。


号砲から43秒でスタートラインをまたぐ。


ターゲットは、4分30秒/kmで行って、3時間10分でのゴール。


IMG_2732.jpg


例年よりスタート時の渋滞が緩和された実感で、走り出しがスムースだ。


どうやらこれは、昨年まで陸連登録選手は無条件でAゾーンに並べていたが、ことしから申告タイムが3時間15分より遅いと、Cゾーンの第二ウェーブに回されたようで、実質的にAゾーンのランナーが減少したことが影響しているようだ。


かなり楽なスタートとなったが、体はそんなに楽ではない。


昨日のLSDの影響か、太ももにやや張りを感じる。


2kmくらいまでは、路面の小さい段差に気をつけながら進む。


10kmまでは4分28秒/kmと予定通り。


でも、楽ではない。これ以上ペースは上げられない感覚。


15kmでアミノバリューを取ると、何とか流れに乗れてきた。


体がほぐれてきて、ペースを上げたくなってくるが、これはいつもの悪魔の誘惑。


ペースは抑えて、ぐっと我慢。


10-20kmでは、4分28秒/km。


中間地点通過では、1時間34分25秒と、35秒の貯金。


中間点を過ぎると、南風が向かい風となり襲ってくるが、まだ余裕だ。




25kmでは弱いアップダウンが続く区間。


ここもペースを乱さず慎重に、集中して進む。


まだ脚は残っている。


29km地点で再びアミノバリューを口にした後、30km地点の芝生農園の中から徐々にペースアップ。


20-30kmでは、4分27秒/kmを維持。


先ほど苦しめられた南風が、今度は背中を押してくれているようだ。


ラストスパートとまでは言えないが、


30-35kmでは、4分22秒/km


35-40kmでは、4分20秒/km


と、わずかにペースアップ。


さらに、40km-ゴールでは、4分09秒/kmと最速ラップ。


後半は、1時間32分11秒のネガティブスプリットで、


3時間06分36秒(4分25秒/km)でゴール。


IMG_2733.jpg


最後は少し頑張りすぎた感じもするが、ゴールしてもひどい疲労はなく、快走と言った感じ。



昨年は、いっぱいいっぱいでゴールして、3時間10分


今年はある程度の余裕で、3時間06分


一週前の練習30km走で4分32秒/kmで行けた(昨年は4分52秒/km)ことを反映していると思われる。


と同時に、3月の勝負レース「古河はなももマラソン」でのサブスリーが、今度こそ楽しみになってきた!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

つくばマラソン2017前日 [ -古河マラソン2018でサブ3]

2017年11月25日


先週の30kmロング走では好タイムに驚いたが、それもつかの間、二日前の10kmレースペース走では途中で大失速し、10kmもたず、7kmで中断。


好調なのか、不調なのか良く解らないまま、つくばマラソンに突入しなければ成らないようだ。


IMG_2707.jpg


今年は、昨年出来なかった前日コース下見を兼ねた2時間LSD。


午後1時のスタートは、日も出て、気温高目。


明日はもう少し涼しくなって欲しい。


IMG_2713.jpg


今年も第1ウェーブのBグループスタート。


きっと、1kmあたりではまだ渋滞に巻き込まれていそう。


IMG_2718.jpg


レース展開としては、20km地点までは4分30秒/kmで(出来れば)軽く行って、1時間30分で通過。


その後、25kmから、市役所前の折り返しの30km手前までの、小さな登り下りではペースに注意しながら進む。


29kmで給水を取った後、僅かでもペースを上げたいところだ。


明日は南風が強いそうで、30km過ぎの芝生農園地帯では追い風になるところは嬉しい。


万が一、30km過ぎで楽になっても、調子に乗ってのペースの上げすぎには注意したい。


一つの練習レースとの位置づけを忘れてはいけない。


IMG_2726.jpg



ランナーみんなに嫌われている、ゴール1.5km手前の坂。


こう見ると大した勾配ではないが、レース終盤になると非常に厳しい。

IMG_2715.jpg



明日のターゲットは、4分30秒/kmで行って、3時間10分。


今季の、これからの練習としての走り込み期への良いスタートとしたい。


IMG_2727.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

つくばマラソン1週前の30km走ってどうなの? [ -古河マラソン2018でサブ3]

2017年11月18日


つくばマラソンへ向けて、先週の坂東いわいハーフマラソンでスピードをつけて、今週は10kmレースペース走あたりが無難な調整パターンであろうが、今季の目標はあくまで3月の「古河はなももマラソン」である。


そのため、フルマラソン1週前であろうと、30kmのロング走で脚を作っていく。


つくばマラソンの実際のコース後半20kmを使った、30km走。


ロング走用の靴を4年程履いたためか、かなりへたってきており、古い靴のためにケガでもしたら嫌なので、新たに購入。


Nike エアズームストラクチャー21(安売りで6600円)


ナイキ-エア-ズーム-ストラクチャー-21-ランニングシューズ-rJTGAvm7.jpg


その靴のせいか、今日の走りがとても軽い。


クッションが良いのは解るが、脚が良く回転してくれる感じ。


加えて、先週のハーフマラソンの刺激が効いているのか、30kmロング走としてはまだこの時期追い込み期ではないものの、


4分32秒/km


と、個人練習でのベスト更新。


IMG_2719.jpg


本当に力が付いたのか、単に刺激が入っているだけなのか、靴の効果か?


このまま来週のつくばマラソンを走ったら、軽く3時間10分(4分30秒/km)を切ってしまいそう。


もしかしたら3時間05分なども可能な、今回の30kmロング走であった。


しかしもし仮に、つくばで3時間05分が出そうな展開になったら、迷わずペースを抑えよう。


疲労を溜めてはいけない。まだまだ今季は先が長い。




そして、約3ヶ月ぶりにラーメン二郎茨城守谷店へ。


夏のつけ麺以来である。


と思っていたら、まだつけ麺やってた。。。


IMG_2085-46dbd.jpg



小ラーメン ニンニクヤサイ 生卵 ニンニクの芽

IMG_2701.jpg


ニンニクの芽が50円で新メニュー。


別皿での提供だが、トッピングしてみた。


軽く茹でて有り、甘味がたっぷり。


生卵と同じタイミングで、着席と同時に出てくるので、ニンニクの芽をつまみながらラーメンを待つのも良い。




この日は、小ラーメンながら量が多く、完食ギリギリであった。


それでも、2枚のブタは両方ともバラ系で柔らかく、好印象。


クタヤサイ、柔麺は健在。


スープのブタのダシ、アブラの溶け込みとも良好。


IMG_2702.jpg


3ヶ月ぶりの茨城守谷店も安定の上手さであった。


でも、寒くなってきたのにまだつけ麺やっているのね。。。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

第27回坂東いわいハーフマラソン 2017 [ -古河マラソン2018でサブ3]

2017年11月12日


つくばマラソン2週前の、恒例の練習レース。


今季はここまで30km練習会を2回、17kmトレイルを1回と、初のスピードレース。


ポイント練習の平日10km middle走は、ここまで4分20-25秒/kmで比較的安定しており、スピードとは言えあまり心配は入らないであろう。




いつも利用している駐車場がすでにいっぱいで、少し遠くに回され会場到着がやや遅れた上、手荷物あずけが長蛇となっており、アップもそこそこに慌ててスタート地点へ。


自己申告制で渋滞は最低限でスタート。


ターゲットは4分10秒/kmで行って、1時間28分ちょいくらい。


本コースは後半小さな上り下りがあるが、総じてフラット。


前半から4分10秒/kmで安定走行。


無理がなく、楽に行けている。


10km過ぎで右からの風が強くなると、風よけランナーを確保し、消耗を最小限に。


すると、ややペースが上がって、最後はスパートすることなく


1時間27分43秒(4分9秒/km)


と、ほぼ予定通り。しかもあまりダメージ無し。


IMG_2696.jpg


練習レースとしては合格。


このレースで、つくばまで調子が上がってくれるかどうか?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

笠間トレイルラン 17km [ -古河マラソン2018でサブ3]

2017年10月9日


二日前の35km走の疲れも取れ、初のトレイルランへ。


トレイルランとは、山のハイキングコースなどを走って登り降りするレース。


今回は、笠間市にある難台山を中心に、300mの登りを2回繰り返すようなコース。


一気に300mも登るハイキングコースといえば、すべて走って登れるわけもなく、きついところは無理せず歩いて、緩やかな登りや平地、降り坂は走ってクリアする。


スクリーンショット 2017-11-15 22.34.02のコピー.jpg


今季から積極的に取り入れたトレイルレース。


主な目的は、平坦なロードばかりの練習では得られないような脚力を養うこと。


そこで作った脚力が、フルマラソンで持久力を発揮するはず(?)


同時に、急な昇り降りが存在するため、心肺に負荷をかけるインターバル的なトレーニングも期待する。


山を走るという意味では、クロスカントリーも近いものがあるが、クロスカントリーの標高差はせいぜい10mで、歩くことはなく、基本的に走り続けることを考慮すると、歩いて登ることもあるトレイルランとの大きな違い。


本当はクロスカントリーに近いことをやりたいのだが、なかなか近場でそんなレースがない。


ただし、筑波大学内にクロスカントリーコースが存在するようで、近く実践に活用したい。




さてレースは、あたご天狗の森を10時にスタート。250人規模。17kmのコース。


IMG_2658.jpg


山を走るので、基本的に給水箇所も少なく、多くのランナーはザックを背負って、水や食料を保持しながら走ることになる。


ザックは、先日の富士登山で活躍した15Lを転用。


靴はトレイルラン専用の、昇り降りでも滑らないグリップの効くタイプをはいているランナーがほとんどだが、初出場の今回は、そんなものは買えず、まだソールの残っているターサーを転用。


今回は、ハイキングコースとはいえ、ロードも3kmくらい走ることになるので、ターサーがその力をフルに発揮できた。




最初の5kmは登り基調。


緩やかな登と、歩かなければ成らないきつい登りが混在する。


トレイルコースのペース配分が全く解らないので、無難にスローペースで入っていく。


3km過ぎですでに汗の量がすごいことになっている。


ロードでこの汗はない。登りのエネルギー消費はかなり高いようだ。


登りではどんな靴であろうとその差は感じなかったが、いったん下りに入ると、ターサーでは踏ん張りきれない。


滑るので、慎重に行かざるを得ない。


グリップの効くトレイルシューズに次々抜かされていく。


今回は、順位は度外しで雰囲気をつかむのが目的ながら、モチベーションが課題だ。





中間点を過ぎた降り基調のポイントでも汗が止まらない。


体表面の汗が飽和し、全身から汗がひたたり落ちるのがわかる。



IMG_2660.jpg



距離は17kmと短いながら、運動量はロードの非でないことを実感した。


これだけの運動量であれば、トレーニング効果も期待できる。



ゴールすれば、17kmを1時間59分。


来年はロングコース24kmへチャレンジだ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | -