So-net無料ブログ作成

第5回オトナのタイムトライアル [ジョギング]

2017年4月30日


昨年に引き続き、2回目の参加のトラック5000m。


昨年の等々力陸上競技場から、今年は改修直後の代々木公園織田フィールド。


ロッカーやシャワーなども完備されており、快適。


1組30ー40人程度で構成され、5000mは14組まで。


持ちタイムの遅いグループから開始し、最終組は15分前後で走るよう。


各組に適切な複数のペーサーがレースを引っ張る。


昨年の大会では、初の5000mを18分39秒(3分43秒/km)と、終盤失速したもののなかなかのタイムで走りきれた。




今回野澤家の出場する8組には、そのペーサーが、18分30秒から19分00秒まで設定されていたが、当日の暑さ(21℃)とスピード練習を全くしていなかったことから、昨年のタイムを上回ることは無理が考え、18分50秒(3分46秒/km)に着いて行くことに。


IMG_2193.jpg


トラックを12周半する5000m。


スタート直後は、さほど速さを感じず、すんなりペーサーの背後に着ける。


半分の6周くらいまでは快適に巡航するが、それでも残り5周で苦しさが沸き上がり、ペースを維持するのに精一杯。



IMG_2201.jpg



残り3周では、ペーサーから


「ここが一番苦しいけど、ここを乗りきって!」


とゲキが飛ぶも、このまま行ったら酸欠で倒れそうなことを実感し、やむなくペースダウン。


少しペーサーの背中が遠のいたが、ラスト1周で少し上げて、帳尻を合わせ


18分50秒(3分46秒/km


でゴール。


今回は、ペーサーに着いていったせいで、終わってみればペースはきっちり一周90±1秒で安定走行。


昨年より10秒落ちたが、まだまだ来年盛り返せそうな感覚で競技場を後にする。





そして向ったのが、以前より注目していた讃岐うどん「もり家」で修業をした店主の経営する「谷や」へ。


カウンターに案内され、酒も飲めるようであるが、今回はうどんに集中。


IMG_2213.jpg


釜揚げと悩んで、


釜玉中盛り

IMG_2209.jpg


麺の量は、小(200g)、中(300g)、大(300g)から好きなものを選べる。


卵は2個は入っていそう。


丁寧な盛りつけが好印象。


ただし、このままでは味はついておらず、卓上醤油をかけるようだが、ここは是非専用ダシを準備していただきたいところ。


その麺を口の中の運べば、のど越し良くコシの強い釜揚げとのコンビネーションは抜群。
讃岐うどんは麺が長くて、食べるのには工夫が必要だが、それでもうどん300gのボリュームは十分で、お腹一杯ご馳走さまでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0