So-net無料ブログ作成

東京30k 2017 秋 [ -古河マラソン2018でサブ3]

2017年10月7日


続く30kmレースの第2弾。


毎年参加の東京30k秋だが、今回35kmを試験的に(?)取り入れるようで、この時期すこしでも長い距離を走りたいので、迷わずエントリー。


そしてターゲットは、5分00秒/km。


ペーサーについて安定走行を目指す。


3連休初日。


ところが、前日まで雨模様の予報。しかも、降水確率午前中90%。


当日朝のつくばは雨で参加を再考していたが、ひとまず北千住まで出てみると、雨は霧雨へ。


空は暗いけれども、何とか走れそう。でも、走路の水たまりは心配。





受付会場、荷物受付、更衣室などは荒川沿いの芝生地に設置。


前日からの雨で、水浸し。。。


少しでもその場に踏み入れると、靴に雨が急激にしみ込む。


走り出せばどうせ濡れるので、あまり気にしてもいられない。



4分15秒/kmのサブスリー集団からのウェーブスタート。


5分00秒/kmのペースで30kmの集団は、100人を超えるように見えたが、我らが35kmは50人程度と、あまり人気がなく、心持ち寂しい集団。


みなさんそれぞれの秋の勝負レースにかけているのか、水浸しの中走る気合いがみなぎっている人ばかりだ。


中には、新発売で既に入手困難になっている「ナイキズームヴェイパーフライ4%」をおろし立てではいている人も有り、別にこの雨の日にはかなくても良いのに、スタート前から泥まみれになっている。。。


223121.jpg


9時過ぎにスタートすれば、軌跡的に雨が上がっている。


水たまりを避けながらの走行が続く。


集団走の場合、給水でカップをとりにくい傾向にあるが、人数が少ないとそれがらくちん。


5分00秒/kmのペースもやや楽に感じられ、35kmは走れそう。


しかし、35kmは長い。


結局2時間53分も走り続けなければ成らなかったが、予定通りの4分46秒/km。


人気のない集団は、ゴール時は3人程。。。


それでも、やや余裕のある35kmでこの時期に良いトレーニングとなった。


2日後には初のトレイルレースがあるので、余裕はあればある程よいものだ。





更衣室にて入念に全身の泥をふき取り、着替えが済むと既に12時を回っている。


綾瀬駅まで歩いて、松戸に向う。


駅前は松戸祭りを開催中で、行列が心配されたが、20人程度。30分の待ち。


E5908DE7A7B0E69CAAE8A8ADE5AE9A201-199df-33d93.jpg



小ラーメン麺少なめ。ニンニク。

IMG_2637.jpg


最近の松戸駅前店は安定の美味しさ。


乳化スープのとろみが一弾と冴えている。


ややかための麺を箸で持ち上げると、絡みついたスープが小麦風味いっぱいの麺と絶妙のバランスで口の中に押し込められる。


大粒のニンニクが、スープの香りを引き立てる。


IMG_2638.jpg



松戸二郎、うま過ぎる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

今シーズンのスタート [ -古河マラソン2018でサブ3]

2017年9月23日


この夏は曇りの日が多かったせいか、恒例の夏のLSDがはかどった。


8月にLSDのみで239km。


9月に徐々に距離とペースを上げながら、今季初戦、と言っても練習会のようなものだが、30km走行会へ。


北千住の荒川河川敷を6往復する、なかなか忍耐力が必要な練習会。


IMG_2624.jpg


4分00秒〜6分30秒/kmで各ペーサーがついて、20-30人程度の集団走行。


当日午前中いっぱいは雨の予報だったが、空はまだ暗いものの奇跡的に雨が止む。


シーズン初戦は、5分30秒/kmに付いて行く。




一週間前の30km走にて、5分14秒/kmで走れていたことも有り、比較的余裕でゴールできた。


しかし、まだまだ初戦。焦ってはいけない、


ジックリと低速に慣らしていきながら、脚を作っていくことが必要。


走れるからといって、むやみにペースを上げると、長いシーズンの中盤くらいにピークがやって来て、早々に終わってしまう。


これは、2016年の静岡にて経験済みの失敗。


このシーズンは、11月のつくばマラソンで3時間5分の自己ベストが出て調子に乗り、続く12月の足立ハーフマラソンでもベスト。


ここがピークで、年明け以降全く走れなくなった。


脚が重く、5kmも走るともうペースを維持できなくなる。


結局本番前の一ヶ月にまともに走ることができず、シーズンを棒に振ってしまった。


ペースを上げられるけれど、ぐっとこらえて抑えて走る。


今季も12月まではこの作戦だ。



そして、北千住と来れば、こちらへ。


sennju.jpg


並びは20人ほど。


45分くらいで着席。



小ラーメン麺少なめ。ニンニク、ラー油

IMG_2626.jpg


千住大橋店独自のラー油をチョイス。


アブラを多く含んだ二郎のスープと合うのか不安だったが、予想通りあまり相性は良くないようだ。


折角のアブラの甘味と、ラー油の辛さが反発。


あわててラー油だけすくい取り、スープへの混入を抑えて、ラー油をさっさと片づける。



スープの上清アブラは強烈。


この日は、デロ麺はやや陰を潜めたか、普通の柔らかさ。


ブタは大振りで柔らかく、好印象。


IMG_2627.jpg


次回は、ラー油は入らない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

今季レースプラン [ -古河マラソン2018でサブ3]

2017年9月20日


今シーズンのターゲット、勝負レースは、「第6回古河はなももマラソン」


東京マラソンの可能性はまだ残っているものの、日程的にそこに絞ることは現実的ではない。


寒いシーズンで、出来るだけ走り込み期間を長く取れるこのレースは好条件。


2017年に一度走ってコースは良く解っている。


レース前の手荷物依頼も経験済みで、スムースに行けそう。





そして、3月11日のそのレースにピークに合わせるための、今季の参加レースプラン。


今季の重点ポイントは、


1)30kmペース走を多めに4回取り入れ、回ごとにペースを上げていけるように。秋口からむやみにペースを上げない。


2)トレイルレースに参加し、ロードでは養われない脚をつくる。同時に、インターバルの要素があると言われる登り降りにチャレンジ。





まずは、9月23日のシーズン初戦。と言っても、ペース走の練習会。比較的ゆっくりの5分30秒/kmで。

スクリーンショット 2017-11-13 22.28.12のコピー.jpg




2週後の10月7日に、もう一段ペースを上げた、5分00秒/kmで、35km。

スクリーンショット 2017-11-13 22.30.34のコピー.jpg





翌々日、今季の新しい取り組み、トレイルレースへの参加。山の登り降りを繰り返し、平坦なロードでは付けられない走力を。17kmの入門コース。

jkasamaのコピー.jpg




11月12日。つくばマラソンの前の恒例の練習レース。これを4分10秒/kmで走れれば、つくばの3時間10分切り(4分30秒/km)が見えてくる。

スクリーンショット 2017-11-13 22.32.44のコピー.jpg





11月26日。人気殺到のレースも、つくば市民枠で楽々エントリー。7年連続の出場は、3時間10分切り(4分30秒/km)を達成し、3月の勝負レースへの流れを作りたい。

スクリーンショット 2017-11-13 22.36.24のコピー.jpg





12月10日。トレイルレース第二段。24kmのロングコース。勝負はせずに、ハイキング気分で。

スクリーンショット 2017-11-13 22.37.21のコピー.jpg





12月24日。30kmロング走のペースチェック。10月の30km走からもう一段上げた4分30秒/kmでどれだけ余裕があるか。皇居の坂の厳しさが心配だ。

スクリーンショット 2017-11-13 22.42.06のコピー.jpg





1月14日。年末年始に食べ過ぎによる体重コントロールを失わないように管理しながら、スピードチェック。ハーフの自己ベストを狙いたいレース。4分00-05秒/kmでいけるかどうか。

スクリーンショット 2017-11-13 22.38.51のコピー.jpg





1月27日。30km走は最終追い込み。サブスリーのペース4分15秒/kmで走り抜いて、どれだけ余裕を持って上げれるか。

スクリーンショット 2017-11-13 22.43.15のコピー.jpg





2月4日。こちらも恒例の守谷ハーフ。坂が多く、毎回タイムは出ないが、4分05秒/kmで走れれば、サブスリーが現実的に。

スクリーンショット 2017-11-13 22.43.55のコピー.jpg





3月11日。昨年ベストを出したレースで、さらに2分詰めて今季はサブスリーへ!

スクリーンショット 2017-11-13 22.45.02のコピー.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

富士登山 初登頂 [旅行]

2017年7月28、29日


5合目までは車で何度か登ったことがあるけれど、未登頂の富士山。


一度は登っておきたいところ。


春先から職場の先輩に誘われ、それに便乗。


最低限の登山グッズは持っていたが、今回日本一の富士山登山ということで、15Lのザックを購入し、ヘッドライトや携帯酸素をそろえ、防寒具や行動食を準備した。


ルートは最も一般的な、吉田ルート。


山小屋、休憩所などが充実している。アクセスも便利。


今回は、昼ごろに新宿をバスで出発。


夕方まで、5合目で高度に体を慣らしてからの登山開始。


込み合う山小屋宿泊は回避し、ご来光まで夜通し歩く計画。


ところが、バス到着時は問題なかったものの、出発の間近になると雨が落ちてきた。


大粒の雨の中、カッパを着て17時30分に登山開始。


IMG_2581 (1).jpg


5合目から6合目は、比較的平坦な道が続く。


すそ野に沿って平行に歩く感じ。


脚を慣らすにはちょうど良い。


6合目から歩く方向が山頂に向う。


やや急な斜面が始まった。


この辺から雨が止み、遠くまで視界が利くようになるが、山頂はまだ雲がかかっている。


まだまだ余裕の7合目手前。


IMG_2488.jpg


雨が降っても、足場は砂がメインなので、水たまりが出来るようなことはない。


IMG_2489.jpg


7合目を過ぎると、岩場が続く。


手袋をして、岩をつかみながら、全身で登っていく。


多少岩が滑るところもあり、雨が止んでいて良かった。


8合目に到着する頃には日が暮れ、空には星もチラホラ。


IMG_2495.jpg


この当たりは山小屋が豊富で、各ベンチでゆっくり休みながら登っていく。


看板には、頂上まで2kmなのに、3時間もかかるとの表示。。。




吉田口からの登りの標準タイムは6時間とされている。


17時半の登山スタートなので、朝4時半のご来光までの登頂を考えると、スケジュール的には大きな余裕。


やはりゆっくり休みながら登っていこう。


IMG_2496.jpg


気温も低下し、山小屋前の温度計では5℃の表示。


持っている防寒具ををすべて着用して寒さを凌ぐ。


登っている最中は汗が出てくるものの、途中で止まると寒さを感じる。




8.5合目。


深夜0時を過ぎた頃。


空はすっかり晴れて、星が輝いている。


吉田口は富士山の北斜面にあるので、北の空がよく見える。


特に、北のカシオペアからハクチョウ、ワシ座を通る天の川が天頂にかかり、くっきり見える。


ただし、ワシ座から南に位置するさそり座などは、富士山の斜面にかかって見えない。。。


雲一つないはっきりとした星の見え方では、今回はご来光は期待できそうだ。


IMG_2499.jpg


途中、岩場で休息、休眠ととりながら、相変わらずゆっくり進む。


2時くらいでようやく9合目。


ところが、山頂まであとわずか、ご来光まで2時間あまりのこの地点において、山の下の方から雲が湧いてきた。


霧となって、足早に9合目付近を包み、当たりは白濁。


ヘッドライトの光が、その霧を際立たせる。


IMG_2503.jpg


9合目を過ぎてラストスパート。


ところが、8合目までは全く感じなかったが、呼吸が苦しくなってきた。


斜面も急にはなってきているが、10歩くらい歩いては、立ち止まり、ハーハーゼーゼーの繰り返し。


岩場にしゃがんでたまらず休憩。




そして、この当たりから渋滞発生。


終始道に迷うことなく、登山者がそこそこ先に歩いている状態であった。


いったん横で休んでいると、登山者の列に再び入り込むのが一苦労。


うまくタイミングを見測らないといけないくらい、登山者が増えてきた。





霧の中、山頂直下の岩場を進む。


もう少し。


この辺は、岩場の左側を進む遅い列と、右側の高速隊列に分裂して登っていく。


いつの間に来たのか、隊列を整理する係員が3名ほどで、赤い誘導灯を持って、登山者を裁いている。





そして、ようやく頂上。


でも、霧の中。


ご来光まで1時間少しあるが、これでは難しそう。


しばらく頂上付近で休んでいたが、霧が晴れる気配はない。


IMG_2507.jpg


それでも、ご来光に期待する登山者。


IMG_2508.jpg


頂上付近では、山小屋でお土産を買ったり、腹ごしらえをする人々で大混雑。


IMG_2511.jpg


ご来光30分前の4時過ぎまで粘ったものの、ここで断念。


霧で視界が悪く周りも見えないので、お鉢巡りも中止。


早々に下山を決断。下山道が空いているうちに降りてしまいたい。


吉田口への下山は、専用道が用意されている。目安は3時間。





しかしこの下山が単調きわまりない。


足下は深い砂利道であまり踏ん張りが利かない。


数えきれないほど右に左につづら折り。


折角周囲が明るくなってきたのに、周りに樹木はなく、火山岩ばかりで殺風景。


天気が良ければ山中湖や河口湖が見えたりするが、それも期待できない。


天気が悪いなりに、雲海などが見えるのかと思えば、どこまでいっても霧の中。


標高が下がっていくうちに気温が上昇。山頂から来ていた防寒具を一つずつ脱いでいく。


帰りは、約3時間ちょっとで5合目へ。


最後ちょっとだけ雨にやられたが、バスに乗り込んでセーフ。


夜中ほとんど寝ていなかったので、河口湖駅までバスの中でたっぷり睡眠。


富士急ハイランド横の、ふじやま温泉で富士登山の疲れを癒し、帰りも新宿までバスで睡眠。




途中気圧の低下で呼吸が苦しくなり、ヘトヘトになりながらの登山であったが、なんとか登頂。


ご来光は拝めなかったが、天の川が綺麗だったし、大満足の富士登山であった。


個人的には2度3度と登らなくてもよいと思うが、今回は下見と考え、来年は家族で登っても良いかも知れない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ベストスコア〜92 [生活]

2017年7月1日


ここ数年は、年3回の社内コンペ+アルファ程度しか回れていないゴルフ。


スコア的には、2014年のベスト97には遠く及ばない100そこそこが精いっぱいと、ゴルフへの熱意も減衰傾向。。。


今年春のコンペから4ヶ月経過し、職場同僚で近場のつくばねカントリーへ。


名前の通り、筑波山のふもとに位置し、初めてのコースであるが起伏の激しさが容易にイメージされる。


E7AD91E6B3A2E5B1B1-5465f.jpg


今回はコンペではないものの、念のために前日に練習場へ。


ところがここでたまたまアイアンの感覚が良く、距離もこれまで以上に出ている感じ。またドライバーのスライスも減少し、良い印象でコースへ。


img_0.jpg


当日は、7人2組。


INの出だしの打ち下ろしで、ドライバーが飛んで、2打目の6番アイアンのヘッドを返す体感が非常に良く、早速パーオン。


このホールパーと、好調の予感。


OUTに入ってスコアーを意識した途端、7→7→7と崩れかけたが、終わってみると、


44→48 の 92


と、一気に自己ベストを5打も更新!!!



ただし、各ショットが良かったものの、このつくばねカントリーは山の麓のためか距離が短め。


通常、レギュラーティーであれば6500yard程度が基本。


ここは、5500yardと明らかに短い。


これまでパーオンは18ホールで一度か二度あれば良い方。


本来飛距離が足りない点を補ったのかも知れない。


次回、社内コンペは11月に2度。


この流れで上位に進出したいものだ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域