So-net無料ブログ作成
検索選択

第5回オトナのタイムトライアル [ジョギング]

2017年4月30日


昨年に引き続き、2回目の参加のトラック5000m。


昨年の等々力陸上競技場から、今年は改修直後の代々木公園織田フィールド。


ロッカーやシャワーなども完備されており、快適。


1組30ー40人程度で構成され、5000mは14組まで。


持ちタイムの遅いグループから開始し、最終組は15分前後で走るよう。


各組に適切な複数のペーサーがレースを引っ張る。


昨年の大会では、初の5000mを18分39秒(3分43秒/km)と、終盤失速したもののなかなかのタイムで走りきれた。




今回野澤家の出場する8組には、そのペーサーが、18分30秒から19分00秒まで設定されていたが、当日の暑さ(21℃)とスピード練習を全くしていなかったことから、昨年のタイムを上回ることは無理が考え、18分50秒(3分46秒/km)に着いて行くことに。


IMG_2193.jpg


トラックを12周半する5000m。


スタート直後は、さほど速さを感じず、すんなりペーサーの背後に着ける。


半分の6周くらいまでは快適に巡航するが、それでも残り5周で苦しさが沸き上がり、ペースを維持するのに精一杯。



IMG_2201.jpg



残り3周では、ペーサーから


「ここが一番苦しいけど、ここを乗りきって!」


とゲキが飛ぶも、このまま行ったら酸欠で倒れそうなことを実感し、やむなくペースダウン。


少しペーサーの背中が遠のいたが、ラスト1周で少し上げて、帳尻を合わせ


18分50秒(3分46秒/km


でゴール。


今回は、ペーサーに着いていったせいで、終わってみればペースはきっちり一周90±1秒で安定走行。


昨年より10秒落ちたが、まだまだ来年盛り返せそうな感覚で競技場を後にする。





そして向ったのが、以前より注目していた讃岐うどん「もり家」で修業をした店主の経営する「谷や」へ。


カウンターに案内され、酒も飲めるようであるが、今回はうどんに集中。


IMG_2213.jpg


釜揚げと悩んで、


釜玉中盛り

IMG_2209.jpg


麺の量は、小(200g)、中(300g)、大(300g)から好きなものを選べる。


卵は2個は入っていそう。


丁寧な盛りつけが好印象。


ただし、このままでは味はついておらず、卓上醤油をかけるようだが、ここは是非専用ダシを準備していただきたいところ。


その麺を口の中の運べば、のど越し良くコシの強い釜揚げとのコンビネーションは抜群。
讃岐うどんは麺が長くて、食べるのには工夫が必要だが、それでもうどん300gのボリュームは十分で、お腹一杯ご馳走さまでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ダイレクトjog二郎〜茨城守谷店 [Jog二郎]

2017/4/29


従来、Jog二郎と言えば、家の周囲のホームコースを20-30km走って、主に車でラーメン二郎に食べに行っていたが、ここは初心に戻って6年ぶりにjogでダイレクトにラーメン二郎茨城守谷店へ。


このダイレクトjog二郎も、せいぜい5月中旬まで。


これを過ぎると、暑さマシマシとなり行列中も汗まみれで、悪臭を放ち続けることになってしまう。。。


IMG_2164.jpg


この日の予想最高気温は18℃とまずまず。


風が強く、スタート時はやや肌寒いくらい。


朝7時に自宅を出陣。23km先の茨城守谷店へ。


スピードは必要ないのでペースは抑え目に、5分30秒〜6分/kmくらい。


IMG_2168.jpg


つくばから守谷は下り基調。


Garminによると、23kmで約15mの降下。


途中、主に3つの谷を通過する感じ。


15km地点。田んぼにも水が張られ始めており、いよいよ来週当たりが田植えのピークか。


IMG_2178.jpg


途中さほど疲労も感じず、給水も取らずに、ラーメン二郎茨城守谷店到着。


10時40分に到着も、行列無く、皆さん出だしが遅いと驚いていたところ、実はすでに開店しており、カウンターには空席3つ。


公式には11時開店のはずだが、やや早めの開店しているようだ。


IMG_2182.jpg


セカンドロットの完成で、


ラーメン麺少なめ ニンニクヤサイ 生卵

IMG_2183.jpg


この日のラーメンは、スープのダシが単調で、下ブレの出来。。。


折角のダイレクトjog二郎でのアクセスも、あまり食が進まない。。。


麺少なめで頼んでも、ギリギリ完食。


次回に期待!


この日、初めてニンニクの仕入れを目撃!
過去、池袋店などでも見たことがあるが、そこではニンニクを一粒ずつ手で皮を向いていた。
しかし、茨城守谷店では業務向けらしい真空パックに入ったニンニクをつかっている。
一袋で50-60粒入りか。開封後は見られなかったが、おそらくミキサーなどにかけて砕いているのであろう。
真空パックでも香りはシッカリ保存されるようだ。

IMG_2184.jpg


お腹いっぱいとなり、帰りは南守谷駅まで歩き、関東鉄道常総線とTXで帰宅。


周囲は、汗とニンニクの香りで大迷惑であったろう。。。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

人間ドック〜葛西ナイトラン10Km [ジョギング]

2017/4/14




年に一度の人間ドック。


3月の今季勝負フルマラソン一ヶ月後で、体重や体脂肪はまだ変化なく、体調は良いはず。

昨年やや悪かった血糖系、脂質系がかなり改善されている。


加えて視力がなぜか回復。


4年ぶりの経鼻的内視鏡も、痛みは最小限に何とかクリア。


昼過ぎには医師からのフィードバックが有り、「問題なし」


IMG_2153.jpg





夕方には、葛西にてナイトラン10kmのレースに参加。


3月以降、スピード練習はしておらず、ゆっくりジョグばかり。


タイムは期待できないもののまだ涼しいので、一昨夏の40分38秒 (4分3秒/km)は上回りたいところ。


image.jpg


この日は海からの風が強く、荒川沿いの折り返してからのコースが特にきつく、明らかに失速している。


それでも前後半とイーブンペースで走ることが出来、


39分54秒 (3分59秒/km)


この葛西のコースは過去3回すべて7月に走った記録なので、今回は4月ということで、自然とコースベストに。




帰りには、いつものラーメン二郎亀戸店は通り過ぎて、富士丸西新井大師前店へ。


店外待ち無く、食券を買って店内シートへ案内。

IMG_2157.jpg


ここの店主はいつの間にか、以前の板橋南町店の店主に変更になったらしいので、訪問してみた。


6年ぶりの面会になったが、それなりに年を重ねているご様子。


ラーメンも板橋南町店を周到しているように感じる。


ラーメン、ニンニクヤサイ

IMG_2158.jpg


甘味の強いヤサイに、太目厚めのゴワゴワ麺が健在。


スープは深いブタの香りがたち、ニンニクとの相性抜群で、ゴクゴク飲めてまって危険性大。


大振りなフタ一枚は、柔らかくて口の中でとろけるくらい。


IMG_2159.jpg


次回は本店にも行ってみたいところではあるが、どうも地理的に手前に位置する西新井大師店に吸い込まれそうだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

e-Athletes 練習会 [Jog二郎]

2017年3月25日

以前から注目しており、そのマラソンプログラムを日ごろから参考にしている、e-Athletesの練習会に初参加した。

ついでに、同日開催される「中高年のためのランニングセミナー」にも出席してきた。



場所は日産スタジアム横の、新横浜公園。

周回2.5kmを使った30km走。参加者は120人程度。

朝9時の集合。

ペースは4分15秒/kmをトップに、LSDレベルまで8つくらいにあり、10-20人くらいのグループに分かれての集団走行。



古河はなももマラソンを終えて2週間。シーズン収束に向けて超スローで走るつもりが、気がつけば4分30秒/kmグループで走り出していた。。。

IMG_2118.jpg

2周、5kmごとに給水休憩が2,3分あり、全体的に余裕がある練習会。

回りにも、あまり無理をしたグループに入っているランナーは少なく、みんな慣れた様子で淡々と走っている。

ラスト1周はさすがにきつかったが、何とか30km完走。

敷地内にシャワーも完備されており、しっかり汗を流せるのは関心。




そして午後からは日産スタジアム内の研修室で、同じe-Athletes主催の「中高年のためのランニングセミナー」に参加。

加齢とともに体力が落ちていき、走力、タイムが下降するのは避けられない。

ただし、その下降カーブをできるだけ緩やかにする考え方、できれば、練習法を変えてまだ自己ベストを狙える走りを継続するトレーニングなどの紹介があった。

興味深かったのは、

1)以前と同じようにトレーニングを行っても、加齢によりある程度の年齢で体力がついて行かなくなりタイムは落ちるのは明らかだが、取り組みによっては、再度、タイムを上げる「反転期」を向えることができる。

2)加齢の影響は、老化と劣化に分けて考えることが出来、生物学的な身体機能の低下を意味する老化は避けられないが、維持・向上・回復のために必要なことを行えば避けられる劣化に対応していくことが大切。

3)今までの同じ練習をしていては、その効果よりも劣化の影響が優り、諸々の低下が進行する。

4)出来るだけ安定期(好タイムを持続)を長く、出来るだけ効果幅を少なくする。

5)まだ取り組んでいないトレーニング、強化していない機能はあるはず。

6)LSD、体幹筋トレ、ストレッチングなど、現状の弱点を的確に見いだし、補強する。


まずは、夏のLSDをジックリこなしていこう。



しっかり体と頭を鍛えた後は、初の「蒙古タンメン中本」にチャレンジ!

以前、御徒町店の長蛇に驚いた経験から、今回は品川店へ。

すると、夕方6時の訪問にも関わらず、行列2名。すんなり入店。

IMG_2120.jpg

そして、注文は基本の蒙古タンメン(大盛り)
IMG_2121.jpg

その辛さにかなり警戒していたが、辛さに関してはそれほどでもない蒙古タンメン。

最初は、マーボーのかかっていないスープからすすって舌を慣らし、本丸のウマカラマーボーへ。

驚くほど辛くない。

習慣性のある辛さ、とは言うものの、普通の辛さか。
IMG_2122.jpg


そして、中本の蒙古タンメン初食ながら、どこかで食べたことがあるなと記憶をたどってみると、セブンイレブンの「蒙古タンメンカップ麺」だった。

それほどカップ麺の再現性は良いと言うことだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

立川談春独演会〜居残り佐平次 [生活]

2017年3月20日

2年ぶりくらいの落語会は、水戸で行われた「立川談春独演会」へ。

寄席では噺を聞くことが出来ない立川流。

ためしてガッテンの志の輔、の次くらいに知られているか?


IMG_2115.jpg

独演会といえば、一人で3席くらい楽しませてくれるものだが、今回は何とたった1席。

しかし、恐ろしく長い。

噺の途中で休憩を挟んで、

2時間45分!

1席でこの長さは、これまで聞いたことがない。



演目は「居残り佐平次」

散々飲んで遊んで居残りになるまでの前半戦で90分。

そこまででも多いに楽しませてくれたが、休憩を挟んでの居残り接待も臨場感溢れるもの。

噺自体、終始笑って騒げる噺ではないが、ジックリ聞かせてもらった。


「裏を返さないのは客の恥、馴染を付けさせないのは店の恥」


いわゆる落ちは立川流。

しかも、お約束とも言える解説付き。

わざわざ落ちを解説しなくても、そこまでに十分楽しませてくれたのだから、解らないならそれも落語、とは思うけれど。。。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域